ファクタリングって安全?意外と知らないファクタリングの基礎情報を紹介!

- 実は多くの種類があるファクタリングについてチェックしてみよう

契約の握手をする男女

実は多くの種類があるファクタリングについてチェックしてみよう

資金調達・資金繰りに役立てることができるファクタリング。
2社間・3社間それぞれの契約方式がありさらには法人・個人とその時の状況に合わせた活用をしていただけます。
そしてそれだけではなく、いくつかの種類があり、資金調達の方法が非常に幅広いという特徴があります。
そんな種類についてここでは確認をしていきたいと思います。

保証タイプについて

まず最初に保証タイプのシステムサービスです。
簡単に言えば、売掛先・利用者双方に売掛金を支払えるようにサービス提供会社が保証をしてくれるという安心感があるないようとなっています。
万が一、売掛先が支配ら困難だという際には提供会社が変わって支払いを行ってくれるのです。
ここでかかる手数料は、こうしたサービスを受けるための保証料のようなものと認識をしていただくとわかりやすいかもしれません。
こちらは、これまでの売掛先のみならず、新しく取引をしたいという際にも補填を行ってくれます。

一括タイプについて

次に一括タイプについてみていきましょう。
利用者層は、支払先の希望が大きいという企業などで取り入れられているものとなっております。
提供会社が利用者に売ら掛け金を支払ってくれるというのがその内容です。

少し詳細について触れていくと、利用者は提供会社に請求書の発行からその支払いまでのすべてを「一括して委託する」ということになります。
このことでお分かりかと思いますが、手形から請求事務などのことを抑えつつ進めていくことが可能なのです。
注意点としては、決済が短くなるということでしょう。
しかし、決済券などを利用せずに良い方向へと導くことが可能ですので下請け業務を行っているなどという企業には良いサービスともいえるでしょう。

医療系タイプについて

こちらは医療関係に向けたサービスになっています。
医療機関はもちろん、調剤薬きょう介護事業者などが、国民健康保険連合会・社会保険診療報酬基金に請求するその報酬を買い取ってもらうという内容になっています。
保険での報酬の入金となっておりますから、サービス契約をしてから3か月そして請求を行ってから2か月前後の時間がかかりますので「即日」というのは難しいでしょう。
ただ、期間を短縮してスムーズに進めたいなどという場合には利用しやすいものともいえます。

買取タイプについて

買取タイプは、通常2社間・3社間と契約スタイルがありますが、3社間のみの取り扱いとなっています。
売掛金を買い取ってもらうという内容で、すぐに現金化が可能だというものがこちらになるのです。

国際タイプについて

海外との貿易においてかかってしまう輸入や輸出の手続きを海外の機関と協力を行いさらには円滑・安全に取引を行ってくれるという内容になっております。

種類と選び方について

そのほかにも個人で行えるもの・個人事業主に向けたものなどファクタリングといってもさまざまな種類があるのです。
これから利用をしたいという方は、自分自身のスタイルに合わせたものというものが必要になってきます。
そして、それに対応するサービス内容というものがあるかと思いますので、それを確認し契約をしていただくのが良いでしょう。
選ぶ段階で分からない。
そのような方であれば、各システム提供会社に相談をするのも良いですし、さまざまな提供会社が相談会や勉強会・説明会などが開かけているかと思いますので、それらに足を運んでみるというのもより知識が深まり、利用をするにしても納得した取り入れ方をしていただけるかとも思います。
もちろん、どのサービスであっても審査がネックになってくると思います。ファクタリングの際の審査ポイントは常に確認しておくことをおすすめします。

種類について把握をしよう

今回は種類という点から見ていきました。
想像よりも多くの種類があると感じた方も多いのではないでしょうか。
円滑な経営を進めていくためにもお役立ていただけたらと思います。